実母が苦手です③ 娘へのマウンティング


数カ月前のこと、

ついに堪りかねた私が、いつもよりキツい内容のメールを送ったところ、

それ以来実母からは連絡してこなくなり、大変平穏な日々を過ごしております。

いや。

一見、平穏なんですが。

何故かいつもに増して実母のことを考える時間が長くなってしまい、

気持ち的には微妙に不安定な日々です。めんどくさいですね。

年末も近いし、なにかしらコンタクトを取った方がいいのか、

このままスルーして疎遠をつらぬくのか、悩みどころです。

スポンサーリンク

 

ずっとモヤモヤしていたこと

私の記憶が鮮明なのは、小学校3年生以降なのですが、

その頃はまだ普通の母娘で、学校であったこと、友達のことなど、毎日よく話をしていました。

私もまだ子供だったので、「実母に話せた」「聞いてもらえた」という事実だけで満足していましたが、その後歳を重ねるにつれ、話をしてもかみ合わなさを感じることが増えました。

例えば・・・

私「絵が上手だからクラス代表になったんだよ」
実母「へー。〇〇ちゃんの方が上手なのにね」

私「書道の級が上がったよ」
実母「でも〇〇ちゃんの方がまだ上なんでしょ?」

私「成績で◎がいっぱいついたよ」
実母「ここはいつも△だね」

という感じで。褒めて褒めて~っていう話を振ってもいっさい褒めない。私よりもよくできる友人を引き合いに出したり、ちょっとダメな部分をあえて指摘してきたりということがほとんどでした。これは大人になってから直接実母に聞いたところ「あの頃は、褒めない育て方が流行ってたのよー」とかほざいていました。

褒めない教育方針と本人は言ってましたが、

私は最近気づきました。

それは娘に対するマウンティング

「娘を褒めない」の根底にあるのは、

娘より自分をよく見せたいというマウンティングの心理ではないか。

そう考えると、負の思い出がたくさん溢れてきました。。。。

■「過保護で育ったから」と周囲に吹聴
昔は「過保護」の意味がわからなくてスルーしてましたが、
父や祖父母が私を甘やかすのが気に入らなかったようです。
私のことを「過保護で何もできない子」と刷り込んでいました。

■ご飯作り、お皿洗い、手伝うと言ったら全部丸投げ
結果的に量が少なかったり、不手際があると
実母「あなたにやらせたらロクなことにならない」
とキレながらやり直す。
私「・・・(実母と一緒にやりたかったのに)」
一人でやらされた上、怒られる始末。

■法事でお茶出しを丸投げ(何も説明なし)
ルールがなってなかったらしく親戚のおばちゃんにダメ出しされる
実母「本当にあなたはダメな娘だわ」
私「・・・(説明なしでできるわけない)」
たぶん、実母が要領が悪く毎回ダメ出しされていたので、身代わりとして私がさせられたっぽいです。自分が怒られたくないだけ。

文章に起こすとそんなささいな事ってなりますが、これらを筆頭に

「あなたには能力がない」

「ほらやっぱり失敗した」

「私の子だから、私以上にはなれないのよ」

といったことを日々刷り込まれていました。

そのせいか、私は徐々に母親へ日常の話をすることが少なくなり、何に対しても自信が持てなくなりました。作文コンクールや、書道、学校の成績など、結構優秀な方だったと思うんですが、私としてはそんな自覚は一切なく、「自分はダメな子」という感覚だけでした。今思えば無気力な小学生時代でした。

自分が親になってみて

親になって初めて分かったこと。

「子供が何かを成し遂げるのは無条件で嬉しい」

私自身が母親から褒められることがなかったので、そういうものかと思っていましたが、まさに正反対。子供が発表会でセンターになったり、絵を先生に褒めてもらっただけでも、自分のことのように嬉しいし、めっちゃ褒めてあげたくなります。

仮に「褒めない育児」とやらを志していたとしても、褒めずにはいられないはず!

頑張った子供を褒めずに、逆に蹴落として自分をよく見せたいなんて、

一ミリたりとも思いません。意味が分からない。

やっぱり実母には何かの感情が致命的に欠けているんだと思います。

家族の在り方が、私は苦手な実母しか知らないので、これから先の幸せな家庭が想像できないのが苦しい所です。子供たちがもっと大きくなってからも、私は今のように無条件で褒めてあげられる母親でいたいです。

まとめ

実母が娘より上に立ちたい理由としては、いろいろ思い当たります。田舎で義両親との同居生活、田舎の濃密なご近所づきあい、夫婦関係の悪化などなど。娘を下に見ることでしか、自分の居場所を確保できなかった実母が哀れにも感じます。そしてなにより実母の母(私の祖母)が毒親っぽいのが一番の原因(今は他界しているので、詳細はわかりませんが)毒親は続くって本当だなぁ。ちなみに実母の姉も結構ヤバい感じで、そこの親子関係もうまくいっていないご様子。

毒親の連鎖を断ち切って、私は子供にのびのびと感情豊かに育ってほしいと願います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)