4歳息子 扁桃腺切除の手術&入院<1日目(手術前日)>

術前検査も無事に終わり、入院準備も万端に整えて、

手術を決めてから半年、万を持しての入院です!

【扁桃腺関連の他の記事はこちら】

4歳息子 「扁桃腺」切除手術を決意しました!

4歳息子 扁桃腺手術<紹介状と術前検査>

4歳息子 扁桃腺切除の手術&入院<手術日>

4歳息子 扁桃腺切除の手術&入院<術後~退院まで>

4歳息子 扁桃腺切除 手術して半年経ちました!

スポンサーリンク

入院の受付

入院は手術の前日、午前10時の受付。

入退院が多いので、入院する部屋は当日決まります。大部屋・個室・広めの個室と3タイプありましたが、第一希望の個室に空きがあり無事に入れました。

大部屋は無料、個室は有料だったんですが、やはりまだまだわがまま盛りの年頃なので、気を使わなくてもいいように個室にしました。1日5000円は地味に痛い出費・・・。

入院は小児科病棟です。

廊下にもお部屋にもキャラクターや動物の絵やかわいいぬいぐるみがたくさん飾ってあって、入ると一気に楽しい雰囲気。看護師さんもかわいいエプロンを付けていて、対応も保育士さんのような優しさがありました。

最初は病院の雰囲気に押され気味だったのですが、小児科病棟だけ一気に明るい雰囲気で一安心。子供も「ホテルに来たみたーい」とご機嫌に。

心配していたパパや妹との別れもあっさりしたものでした。

 

さて、

部屋に入って荷物を整理すると、一気に押し寄せてくるヒマ感。

とりあえず持ってきた図鑑とか、トミカとか、日常のオモチャで時間潰します。

入院中はとにかく「暇」とは聞いていたのですが、

これは1日長いなぁ・・・

手術前日は部屋に缶詰で、子供の遊び相手で大変だろうという覚悟はしていましたが、幸運に恵まれ思ったよりもスムーズに1日を終えることができました。

■プレイルームが充実していた!

入院中の子が使うプレイルームなので、

手術前の元気なうちに使うのは少し抵抗があったんです。

病気をもらっても困るし、うちの子だけ元気にはしゃいでても困るし。

でも、感染症だったり点滴をつけている子は使用禁止みたいで、

ほとんどだれも遊んでいない!貸し切り状態!

院内教室をやる時間帯は使用できませんが、それ以外はほぼ自由に遊べました。

絵本の貸し出しもしてくれました。

■看護実習のお姉さんがいた!

これは本当に幸運な奇跡です。実習中のお姉さんが空いた時間に部屋に来てくれて、子供の遊び相手を率先して引き受けてくれました。もちろん子供は大喜び。

「お邪魔でしたら言ってください」と言われましたが、とんでもない!午前と午後合計1時間ほど部屋にいて下さってとても助かりました。

■キッズチャンネルが見れた!

小児科病棟限定でテレビのキッズチャンネルが放映されていました。

テレビの視聴はもちろん有料ですが、1日中子供向け番組をやっているので、

本当に何もすることがない退院間際には本当に助かりました。

スポンサーリンク

1日の流れ

<午前>

入院の説明や設備の使い方の説明を聞く。

個室を選択したのでトイレやシャワーは自由に使えて不便さはないです。

大部屋だとテレビはイヤホンで聞くルールですが、個室は音を出してOKなのも助かりました。(子供にイヤホンはかなり無理)

時折看護師さんが来て、同意書や何かしらの書類にサイン。

あとは売店に行ったり、院内を探検したり、お庭を散策したり、

持参したミニカーや図鑑をみて過ごす。

ママとじっくり遊ぶのも久しぶりなので、なんだか楽しそうです。

<12:00昼食(牛丼)>

慣れない環境だからか、ごはん以外は箸もつけずにほぼ残しました。なので私がほとんど食べました。ちょっと薄味だけど美味しいです。息子は売店で買ったパンを食べました。

<午後>

プレイルームで少し遊ぶ。

そういえば、入院したものの今のところ元気なのでずっと私服です。

病棟内でスリッパはNG(転倒防止の為)なので、普段のスニーカーのままですが、

クロックスみたいなサンダルがあればよかったなぁと後悔。

(売店には子供用サンダル、売ってませんでした。)

簡単な診察(熱はないか、鼻水はひどくないか)を受け、明日の手術が確定。

<15:00おやつ(蒸しパン)>

なぜか一口も食べないので私が頂きました。普通に美味しい。

手術の詳しい説明があり、手術に使う麻酔のマスクや術着などのサイズチェック。今夜21時以降食事はNG、明日の10時以降は水分もとれないなどの説明がありました。子供もなんとなく理解。「食べちゃだめなんだよね」と何度も確認してました。

再びお庭を散歩。

<18:00 夕食(魚の煮つけ)>

ご飯もおかずもほとんど食べませんでした。

明日は絶食なのに、お腹がすいてしまいそう・・・。血液検査の時でさえ空腹でグズグズだったのに、明日はお昼過ぎまで食べれないし、術後も絶食が続きます。

しかたなく夕食代わりにパンとオヤツを食べさせました。硬い物も術後しばらく食べられないと聞いていたので、かっぱえびせんとか、カリカリしたものをチョイス。

検温。

シャワーを浴びる。息子は初めてのシャワー室にテンション上がって、いつもはやらないくせに率先して髪を洗う。

明日の空腹が不安すぎて、寝る前最後のおやつ、あんみつを食べました。

<20:30 就寝>

大変だったこと

最初想像していたよりは初日でも何かしら色々なことがあり。入れ替わり立ち代わり看護師さんが部屋に来る感じでした。子供との遊びも自然と細切れになるので、そこまで苦痛ではなく意外と少ないオモチャで回すことができました。

大変だったのは夕方から。

眠たいのと病院に飽きてきたのの両方で、「いつ帰るの?」「ご飯食べたら?」「パパは迎えに来る?」と切ない質問攻めで・・・。「のどの悪いのをプチっと取ったら帰れるからね」と優しく諭すようにしました。

慣れないベッドで寝かしつけもしんどくかったです。子供の精神安定のため、付き添い用ベッドではなく添い寝を推奨されました。狭いベッドと、心もとない転落防止柵。いつもと違う環境でなかなかうまく眠りの体勢につけませんでした。結局テレビ見ながら寝落ちスタイル。

明日はいよいよ手術!

手術は午後からなので、

それまでの空腹&ヒマをどうやって切り抜けるかが心配です・・・。

つづく

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)