ボールも泡立て器も不要♪子供と一緒にヨーグルトゼリーのつくり方

天気の悪い日が続きますね。

外遊びも行けず、部屋遊びにも飽きたので、

2歳の子供と一緒にオヤツを作ってみました。

ボールも泡だて器も使わないので、洗い物もほとんど出ずに超ラクチン。

見た目も楽しいので子供も大喜び間違いなしです。

スポンサーリンク

ゼラ活レシピ

だいぶ前にゼリーでも作ろうかと思って、

森永の「クックゼラチン」ていうのを買ってあって

引き出しの肥やしになってたのを引っ張り出してみました。

箱の中にはゼラチンを使ったレシピ集が入ってました。

p_20161004_215016

「ゼラ活」っていうんですね、ゼラチンを使ったレシピ。

ゼリーかプリンくらいしか思いつかないけど、

ゼラチンを使った生姜焼き、かなり気になります・・・

が、

今日のところはオヤツです。

ヨーグルトまるっと使ったゼリーが面白そうなので作ってみました。

ビヒダスで作るヨーグルトゼリー

材料はこれだけです。

p_20161003_084444

・ビヒダスヨーグルト

・牛乳

・砂糖

・レモン汁

・ゼラチン2袋

ヨーグルトさえ買ってこればスグできます。

(あ、レモン汁常備してない家庭もありますね。ヨーグルトのついでに買ってください。)

道具は混ぜる用のスプーンが2本と牛乳を温める容器があれば大丈夫です。

スポンサーリンク

まずは、

室温に戻したヨーグルトに砂糖とレモン汁を入れて、混ぜる。

(混ぜる係は全て2歳長男です)

p_20161003_084858

次に、温めた牛乳にゼラチンを入れて、よく混ぜる。

牛乳の容器が熱いので小さい子供は注意。手際よく混ぜないと玉になりやすいです。

ウチの場合、さっそく玉玉になってきたので、慌ててフォロー。

p_20161003_085155

次に、ヨーグルトの容器に溶かしたゼラチンを入れて、よく混ぜる

p_20161003_085405

容器の淵までめいっぱいの量になるので少し混ぜにくいです。

下の方までよく混ぜるのがポイント。

あとは冷蔵庫で半日以上冷やします。

p_20161003_085549

子供はすぐに食べれると思っていたらしく大騒ぎ。

使わないヨーグルトが少し出るので、それを与えてごまかしました。

できあがり☆

朝作ったので、夕食のデザートには固まっているはず。

ちゃんと固まっているかドキドキです。

 

完成品がこちら

ドーン!

p_20161003_180408

きっちり固まってました。やったー!

見た目かなりインパクトありますね。

p_20161003_180510

結構固めのゼリーなので、ナイフで切っても崩れませんでした。

ゼリーにしたことで食べごたえがグッと出ます。子供もパクパク。

普通に食べるなら容器からそのままスプーンですくってお皿に出すのがオススメです。

わざわざひっくり返してだしたものの、このあと保存に困りました(笑)

サイコロ状に切ってフルーツポンチに入れたり、

フルーツを添えて出すとおしゃれになりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)