里帰りしない出産2人目 ~入院編~

2人目の出産で一番不安だった陣痛を乗り越えて、

無事に出産(三時間半の超安産!)

1人目の出産と同じ病院だったので入院中の流れは覚えてたものの、

入院生活は全く違うものでした。

2人目出産後の入院生活のブログです。

スポンサーリンク

準備したこと

入院中は旦那さんのお母さんに長男のお世話と家事全般をお願いしていました。義母さんは専業主婦歴ウン十年、3人の子供を育て上げた大ベテランです。なので、家事や子供の世話の面ではあまり心配はなかったんですが、なにしろ慣れない土地で1週間ほど生活してもらうので、そのことが心配でした。義母さん向けに準備したことが多いです。

■周辺の地図

スーパーやコンビニは徒歩で行ける場所にありますが、一応手書きの地図を用意。子供が遊べる公園の場所や、児童館、お散歩コースも書いておきました。

■家の中の配置図

クローゼットの中やキッチンの調味料とか、何が入ってるかわかりやすいように、クローゼットの扉や引き出しの外側に内容物を書いて貼っておきました。あとはこれでもかというくらい整理整頓。

■息子の取り扱い説明書

好きな食べ物・嫌いな食べ物・できること・できないこと・癇癪の治し方・寝かせ方・・・etc思いつく限り書いておいて、困ったことがあったら読んでくださいと義母さんに渡しておきました。でも、ばぁばの前では態度が違ったようで、これは必要なかったみたいです。

入院生活

1日目<出産日>

産まれたのが15時位だったので、その後いろいろ落ち着いた17時位に義母と息子と旦那さんが病院に。私はまだ寝たきり状態なので、少しだけ赤ちゃんを見ると夕ご飯の時間だからと全員でそそくさと帰っていきました。息子はばぁばにちゃんと懐いているようで一安心。赤ちゃんには特に興味を示さず、寝たきりのママにも無反応。息子なりにいつもと違う状況なのを分かって、ママに甘えないようにしていたのかもしれません。

この日の夕食は誰かに介助してもらわないと食べれないので、旦那さんが家で夕飯を食べてもう一回来てくれるのをひたすら寝て待つ。寂しいです・・・。まだ初日なのにホームシック気味。

2日目

今日は赤ちゃんとは1日別室。2人目の方が後陣痛が辛いと聞いてビビっていましたが、全然そんなことはなくほぼ無痛でした。個人差がありますね。逆に1人目の時は全然なかった縫合の傷がチリチリと痛くて、座れないほどではないけどちょっと痛い、地味な痛み。午前中、義母と息子が来てくれて夕方旦那さんが来てくれる。

そして明日は・・・恐怖・・・実両親お見舞いの日。夜から不安過ぎて、ホームシックも相まって泣きっぱなしになっていました。たぶん産後のホルモンバランスの崩れとかもあるんだろうな。同年代の看護師さんが両親との不仲を分かってくれて、くだらない話を「うんうん」て聞いてくれたので、少し楽になりました。

3日目

今日から母子同室。「2人目だから覚えてるでしょ?何かあったら呼んでー」とたいした説明もしてくれないフランクな看護師さん。久しぶりの新生児のオムツ替えで、足が折れそうに細くて、オムツもブカブカで緊張する。抱っこしてもめっちゃ軽くて感動。この重さならずっと抱いていられる!

そして午後、実両親襲来・・・いや、お見舞いに来てくれる。息子と義母さんにも来てもらって、なんとか和気あいあいとした雰囲気に。途中から実母と義母の「私の方が孫のことをよく知ってるわよ自慢」みたいな感じでピリピリし始めたので、私が辛くなって両親には帰ってもらう。

夜、話を聞いてくれた看護師さんが「大丈夫だった?」って来てくれて、またしても涙が止まらなくなる、あほです。アイスノンをたくさん借りる(胸用と目の腫れ用)

スポンサーリンク

4日目

パンパンに目が腫れました。

午後から友達が来てくれて心置きなくおしゃべりができて少しすっきりする。そういえば義母さんが来てくれてからずっとどこか緊張しっぱなしで、そのあと出産で、旦那さんともゆっくりできなくて疲れていたのかもしれない。息子と義母さんは毎日来てくれるけど、息子はそっけない態度で抱っこもさせてくれなくて、すごく寂しい・・・。

5日目

ホームシックも落ち着いてきて、母乳も搾乳で結構出るようになってきて、母子同室にも慣れてきて、平和な1日。大雨で息子がお見舞いに来れないと思っていたら、夕方旦那さんが連れてきてくれた。久しぶりの親子水入らずで楽しい。

入院中、1人のベッドで好きな時間にゆっくり寝れるは幸せなんだけど、息子に蹴られながら窮屈に寝る日々が懐かしくなってきました。早く家に帰りたいなぁ。

6日目<退院>

ようやく退院の日。荷造りしながら、嬉しい気持ちと、やっぱり不安な気持ちも。

退院後

退院後はすぐに義母さんには帰ってもらう予定でしたが、ご厚意に甘えてもう1週間滞在してもらいました。体は結構元気だったんですが、ここで無理をしたら後が続かないと思って、食っちゃ寝のダラダラ生活をさせてもらいました。幸い赤ちゃんもよく寝てくれる子だったので、私も1日15時間位寝てました(笑)寝すぎ。義母さんが帰った後も、できるだけダラダラのんびり過ごすことを第一に心がけて、買い物は旦那&宅配生協、掃除は週1、ご飯はカレーか鍋、という超適当な家事で、体を壊すことなく産後を乗り切れました。

まとめ

入院中の家のことは義母さんに安心してお任せできるし、息子のわがままも特になく、本当に落ち着いて入院できる環境でした。なのに、何故かホルモンバランスが暴走しまくって早く退院したくてしょうがなかった1週間でした。最初は赤ちゃんよりも上の子に対する愛情の方がはるかに大きくて、ちゃんと平等に2人とも育てられるか不安でしたが、今では2人とも同じくらい大好きでかけがえのない存在です。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)