育児日記におすすめ、高橋の3年日記帳。

私の祖父が日記を書く人で、毎晩をそれを傍らで眺めていたので

日記を書く生活には憧れがあったんですが、

なにしろ飽きっぽいので1週間以上続いたことがありませんでした。

そんな私が妊娠を機に購入したのがこれです。

スポンサーリンク

 

高橋書店の「3年卓上日誌

dsc00037-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

高橋書店ていうのは「手帳は高橋」のCMで有名なあの会社です。

3年日誌というのは、その名の通り3年分書ける日記帳のことで、

実際の中身はこんな感じです。

dsc00041

2014年が一番上の段、

2015年が真ん中の段、

今年が一番下の段。

例えば9月1日の日記を書くと、

去年の9月1日、一昨年の9月1日の日記がすぐ上に見えるので、

「去年の今頃こんなふうだったんだなぁ」って、感慨深いです。

スポンサーリンク

これを書き始めたのは第1子が産まれる直前くらいだったので、

毎日それはそれはぎっしり書いてましたが、

2年目になると第2子妊娠で体調がすぐれない日が続いたり、

3年目になると2人育児になって日記を書く時間すらとれなくて、

まばらなページも多くなってきました(汗)

それでもなんのかんの3年続いてます。

上の子が初めてハイハイした日、下の子の妊娠が分かった日、

決して丁寧に綴っているわけではないのですが、

その時のリアルな気持ちが伝わってきて、

読み返すと涙が出そうになります。

子育て中で時間が取れなくて、1日1~2行の簡単な内容でも、

毎日続けることで貴重な財産になるのは間違いありません。

 

3年日誌の他に「5年日誌」、メーカーは違うけど「10年日誌」もあります。

挫折しないために3年日誌がオススメですが、続ける自信がある方はどうぞ。

 

そういえば祖父が書いていたのも3年日記でした。

亡くなってからずいぶん経ちますが、あの日記帳はどこへいったのかなぁ。

何が書かれているのか興味あります。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)