PMS(月経前症候群)の改善に<ヤーズ配合錠(ピル)>体験談

月経前に心身に不調が現れるPMS(月経前症候群)。

思い返せば10代の頃からずっと症状はありましたが、

これがPMSというものだと気付いたのは20代後半、

それから病院を受診しようと決断するまで10年近くかかりました。

最近はだいぶ認知度が上がってきましたが、それでも産婦人科の敷居は高いし、

「これくらいみんな我慢してるはず」と放置している方も多いと思います。

今回は私のPMSが改善した体験談です、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

■私のPMS症状

生理の2週間くらい前から、体のむくみ、体重増加、異常な眠気、集中力の欠如が始まり、その不快感からイライラしたり、暴食したり、気分が落ち込んだりする負のループ。これぞザ・PMSという症状のオンパレードで、月の半分は体と気分の不調が続いている状態でした。

生活習慣を改善したりヨガとかストレッチをしてみても、すぐに魔のPMS期に突入してしまうので効果が出るまで続かなかったです(性格の問題もあるかもしれませんが)。

症状が酷いときは病院に行こうかと悩むのですが、生理が始まってしまえばスッキリ収まるので、「まぁいいか」で何年も放置していました。

■受診のきっかけ

産後、生理が再開するとまたPMSの症状に悩まされるようになりました。しかも独身の時は自分だけの問題で済んでいたのですが、今度は旦那さんや子供がいます。普段通りに家事はしないといけない上に、子供はイヤイヤ期真っ盛りの3歳児と、まだまだ目の離せない1歳児。このストレスにPMSの症状が悪化・・・。車をぶつけてしまったり、主人と激しい喧嘩したり、子供に必要以上に叱ってしまったり。そして激しい自己嫌悪に陥ると半ば鬱のような状態にまで気分が落ちてしまうようになりました。

気分の波がとても激しく、特に気分の落ち込みが辛かったです。主人も私の機嫌や体調をうかがいながらの生活はしんどかったと思います。PMSのことを相談したら、「すぐに病院にいきなさい」と後押しをしてくれました。このままじゃ私のせいで家族が壊れてしまうかもしれないという、恐怖もありました。

スポンサーリンク

■産婦人科を受診

ネットで調べると「PMSに理解のないお医者さんにかかると悲惨」「気のせいと言われた」「男性医師に理解されず、薬も処方されず」といった最低な記事がたくさんヒットすると思います。私もそれで長年尻込みをしていましたが、出産でお世話になった病院は優しい女医さんだったので、迷うことなくこちらを受診しました。ちなみに診療科目に「PMS」の文字はありませんでした。

診察室に通されるとまずは問診。月経前の気分の浮き沈みが激しくて子供に当たったり、ひどく落ち込んでしまうことを話しました。するとふんふんと頷きながら聞いてくださっていた先生が「今まで辛いのをよく我慢したね」って言ってくださったんです(涙)そして「ばっちり効くお薬があるからすぐ良くなるよ」と満面の笑み。診察5分で長年の悩みに光が差しました。

その後血圧だけ測定して(高血圧だと飲めないので)薬を処方されました。

それでいただいたのが、「ヤーズ配合錠」。

1シート30日分で初診料など入れて2,000円ちょっと位。

1日1錠づつ飲みます。白い錠剤になると生理が始まります。生理の日が事前にわかるのでかなり楽です。決まった時間(私は寝る前)に飲むようにしているのですが、泊まりで外出するときはうっかり忘れそうになります。

■使ってみた感想

・1ヵ月目

とりあえず1ヵ月分お薬をもらい、問題がなければ続けることに。

初めは飲むと少しめまいがしたり、手の震えがありましたが3日ほどでなくなりました。そして1ヵ月位ずっと胃もたれっぽい症状がでて食欲が落ちましたが、これらは副作用としてよくあることらしく、慣れたらなくなるとのことです。地味にずっと胃もたれ状態なので不快感はありましたが、日常生活に影響はありませんでした。

そして気付けば1ヵ月、月経前の気分の落ち込みや体の不調は一切ありません!

・2ヶ月目

胃もたれの不快感も少しずつなくなり、PMS症状もなくなり、気分爽快!気分のむらがなくなり、子供のイヤイヤにも冷静に対応できるので怒る回数が劇的に減りました。

ちなみに、やめたくなったらいつやめてもいいし、それでまた症状が出てきたら飲み始めるのも大丈夫だそうです。私はなんとなく子供が小学校入るくらいまでは飲み続けようかなという気分。

スポンサーリンク

・半年後

PMSの症状は一切出ていません。ただ、季節的なものか歳のせいか、急に下半身のむくみが気になるようになってきました。あと便秘も。先生に相談したところ「そういうのは副作用としてあるかもね~」とのこと。ピルを飲むと太るという噂は聞いたことがありますが、本当なのかも(個人差あり)。

ピルを飲むのをやめようかとも思いましたが、下の子がイヤイヤ期に入ったり、旦那さん出張が多くなったり、ストレスをためる機会も増えているのでもう少し続けることにしました。その代わり生活習慣の改善でむくみや便秘に対処していこうと思っています。

■まとめ

婦人科を受診するまでは長い足踏み状態でしたが、受診してしまえばすぐに薬で解決できました。月に約2000円。年間で考えると結構高い気もしますが、この金額で笑顔で過ごす時間が増えるのなら始めてみようという結論に至りました。1度にもらえるのは3ヶ月分なのでちょくちょく産婦人科に行かなければならないのは少しめんどうですが、おっくうな婦人科系の検診をついでに受けれたりするメリットもあります。

周りの友人に聞いてみたところ、PMSは酷いけど実は我慢してるっていう人が結構多くて。そんな人に会ったら私は「スグ病院に行って!内診は無いから!」って猛アピールしています(笑) それぐらいPMSは辛かったし、こんなに簡単に解決できるっていうことを全女性に知ってもらいたいです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)