年少さんの登園拒否 こんなに大変でした体験談

我が家の息子はどちらかというと内向的なタイプ。

幼稚園のプレスクールでも、育児サークルでも、

人が多かったり、慣れない場所だとママにべったりでした。

そんな息子が幼稚園に入園。

多少嫌がることは予想していましたが、まさかここまでとは・・・

ここまで酷い登園拒否があっても結果大丈夫でした、という体験談です。

スポンサーリンク

登園拒否の症状

■制服を着ない(私服で登園)

■靴もはかない(抱っこで先生に手渡し)

■バス停・教室で泣きわめく、暴れる

■もちろん挨拶なんてしない

■教室に入らない(一人廊下で授業を受ける)

■お茶を飲まない・おやつを食べない

■もちろん給食も食べない(職員室で一人だと食べる)

■トイレに行かない(お漏らしするほうがマシ)

■体調が悪くなる(微熱・下痢)

なんだか、思い出してたらまた泣けてきましたが・・・。

入園式の翌々日からこの状態でした。おそらく初日はなんだかよくわからないまま登園して、嫌なことがたくさんあったので次の日から一気に「行きたくない」が爆発したんだと思います。

幼稚園から帰ってくると通園時の大騒ぎが嘘のようにニコニコで、家ではご機嫌で遊びます。ところが寝る前になると「ようちえん、いきたくないなぁ」「あしたは、おやすみすることにする」と100回位繰り返し言ってきました。大袈裟でなく100回。

毎日毎日この繰り返しで、親も疲れるし、子供も慣れない環境に疲れて微熱や下痢の症状で休まざるを得ない日もありました。

スポンサーリンク

対処法いろいろ

■バス通園をやめる

車で送っていくことにしたら、その日は割と機嫌よく出かけてくれました。しかし次の日からは崩壊。次第に車に乗せるのにも暴れるようになってしまったので、とても送っていけずバス通園に逆戻り。(暴れるのを無理やり乗せる方式)

■制服着なくても、大泣きしても、毎日行く

先生からはとりあえずどんな状態でも連れてきてください、と言われましたし、毎日行かなくてはいけないということを教えるのが重要だと私自身も考えていたので、私服の状態で大暴れするのを抱きかかえて連れて行きました。バスに間に合わない時も少し遅刻してでも連れて行きました。今考えるとそこまでする必要あったのか?という気もしますが、それを乗り越えて今があるのかも。

■休みの日は幼稚園の話題を出さない

家にいる時は基本的に幼稚園の話題はNG!目に見えてテンションが下がるので、本人が進んで話してくれる時以外はこちらから口に出さないことにしました。しかし、親せきのジジババからは「幼稚園楽しい?」とあいさつ代わり聞かれてしまうので、「幼稚園の話題NGで」と根回ししたりしました。みんな幼稚園でどんな様子か気になってるのに聞けなくてモヤモヤしました。

■楽しいことを聞いてみる

調子が良い日は、幼稚園での出来事を少しだけ教えてくれることがありました。「ブロックでくるまつくったの」「おだんごをたべたの」こういう時は細心の注意を払いつつ掘り下げて聞いてみたりしました。「ほかにどんなオモチャがあるの?」「おやつは毎日でるの?」これが功を奏したのか、すこーしずつお話ししてくれる内容が広がってきて、幼稚園での活動範囲が広がっていることも分かり安心できました。

スポンサーリンク

改善の流れ

入園2週間位、教室で給食が食べられるようになりました。最初は教室でみんなと食べるのが無理だったので、職員室で園長先生と食べることから始めて(そっちの方が緊張しそうだけど(笑))、次は教室で担任の先生とマンツーマンでお話ししながら。少しずつ量もたくさん食べれるようになっていきました。

5月に入るとトイレができるようになりました。4月中は毎日のようにお漏らしでしたが、ある日突然、家でも自分から行けるようになり、幼稚園でも先生と一緒にできるようになりました。

5月半ばになるとバスで隣の席の子と少し仲良くなったようで、バス通園も泣き叫ぶほどは嫌がらなくなりました。

暴れることはなくなりましたが、嫌いな授業には参加しなかったり、制服は断固として着なかったり、「いきたくないなぁ」とぼやいたり、「幼稚園嫌いだけど行ってやってるんだぜ」という地味な主張は1学期中続きました。

最終的に「元気に毎日楽しく通えてる」状態になるのは9月の終わりくらい。他にも登園拒否の子はたくさんいましたが、うちの子は中でも目立って長引いたタイプでした。

まとめ

朝の挨拶もしっかりできて、重い荷物も自分で持って幼稚園に入っていく姿をみると、4月の荒れ狂った状態が嘘のようです。子供の心って逞しいなぁ。先生方からも「太郎君は本当にしっかりしたよねぇ」とよく言われます。

嫌がるのを無理やり連れて行っていいものなのか?登園拒否のママさんなら必ず1度は思い悩むと思いますが、こんな状態からでも笑顔で通えるようになりました。このブログが参考になればと思います。

スポンサーリンク


「年少さんの登園拒否 こんなに大変でした体験談」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)