癇癪は起こす前に防ぐ!わが家の3歳児 癇癪の対応策

「おとなしくて育てやすそう」と言われていた息子ですが、

実は親の前だけでは癇癪大魔王

特に場面の切り替えが苦手らしく場所を移動するたびに一波乱あるので

一時期は外出するのが本当に憂鬱でした。

しかも一度癇癪を起こすと収束するまでに1時間以上かかるし。

脳や発達に問題があるんじゃないかと真剣に悩んだものでした。

スポンサーリンク

癇癪エピソード

1.永遠のドライブ

車に乗って好きな音楽を聴いたり、外の景色や車を眺めるのが好きだった息子。少し眠かったり疲れているときに車に乗せると、降りるのを頑なに拒む時がありました。自宅駐車場に帰ろうとするのが分かると、「もっともっと」というので、少し遠回りしたりするのですが、早く帰りたくて無理やり帰ろうと停車すると癇癪スイッチ発動。すごい勢いで泣き叫びしがみつき車から降ろせない状態に。諦めて再度ドライブに出かけましたが、ご機嫌が直り・・・というか車内で寝てくれるまで1時間のロングドライブになりました。

2.駐車場から部屋まで1時間

自宅はマンションなので、駐車場から部屋までは少し歩きます。といっても3分位。この時は少し眠かったようで、あとから考えると「もう少しドライブして車で寝かせてよ」ということだったんだと思います。車から降ろして少し歩いたところで突然癇癪スイッチ発動。大声で泣き叫び車へダッシュで戻る。私も疲れていたので、とにかく部屋まで抱っこしてダッシュしたんですが(これが失敗)、ものすごい力でドアを閉めるのを拒み車へ戻ろうとする、脱走するのを追いかけたり、なだめたりで結果1時間近くかかって、ようやく室内へ。部屋でも泣き続け、落ち着くまで更に30分かかりました。

3.駅構内で1時間

祖父母と電車で水族館へお出かけ。慣れない人と一緒の時はあまり気持ちを表に出さないので癇癪も起こさないのですが、丸1日一緒だと持ちませんでした。楽しく過ごした帰り際、疲れも溜まってたんでしょうね、お土産屋さんでおもちゃを買ってもらえないと知ったとたん癇癪スイッチ発動。(癇癪起こすぐらいなら買ってあげればよかったんですが、結構高かったんです・・・。)何とか別の安いおもちゃでなだめつつ水族館の外へ。そこで癇癪スイッチ第2弾発動。今度は帰りたくないイヤイヤで泣きすぎて吐き戻す始末。駅構内で約1時間地べたで暴れまわってました、祖父母もあきれるほどの惨状。思い出すだけで泣けてきます。

スポンサーリンク

実践していた癇癪対策

基本これは必須項目。

いつもこれに気を付けていれば大概のりきれました。

■超ゆったりしたスケジュールをたてる

眠いタイミング、疲れたタイミングはできるだけ家にいるか車移動の時間にする。間に合わなければ予定を変更。例えば午前中に2軒買い物に行きたくても、1軒目が押してお昼近くなってしまった場合、もう1軒は諦めて後日にする。

■切り替えのタイミングにお楽しみを作る

場所移動のタイミングがネックだったので、移動のタイミングに何かしら楽しいことを作るようにしました。例えば公園から家に帰る時「家に帰っておやつにしよう」「アンパンマンが始まる時間だよ、家に帰ろっか」など。楽しいのが終わるのが嫌だと思うので別の楽しみがあることをアピールしてました。

■子供の疲れ具合を見極める

お昼寝の時間じゃなくても眠い時は眠いし、子供でも疲れてることはあります。ちょっとでも愚図りの兆しが現れたら、通常モードから警戒モードに切り替えて速やかに家に帰るようにしました。

どうしても失敗したくない時は

時間指定がある用事や、人が大勢いる場所に行くときは警戒モードで臨みました。

■大げさな演技

私は普段あまり大きな声や身振り手振りはしないんですが(会話が棒読みと言われたことがある)、この時ばかりは別人になったつもりで大根芝居をうっていました。「あー、はやくしなきゃ!いーそげっ いーそげっ」みたいなノリでせかしたり、異常に褒めてあげたり。子供的には「今日のママはどうしたんだ?」ってなって癇癪起こすのを忘れます。

■特別感のあるオヤツ

癇癪がきそうなタイミングで、初めて目にするような素敵なオヤツをジャジャーンと出せるように準備しときます。うちの場合はスナック菓子とか、サラミとか。これがびっくりするほど効果てきめん。このために普段は煎餅とか蒸かしたイモとか、昆布とか、割と質素なオヤツが中心です。いろんなオヤツを知るにつれ効果がなくなるので、注意です。

まとめ

そんな癇癪息子だった長男も現在4歳。疲れてるとき、眠いときはまだ多少愚図ることもありますが、落ち着いて説明すれば分かってくれたり、少し時間を置けば自力でなんとか気持ちを切り替えたりできるようになりました。我を忘れて泣き叫ぶようなことはいつの間にかなくなっていました。

そして今は娘ちゃんがイヤイヤ期&癇癪期に突入しつつあるのですが、性格の違いからか、上の子の時の対応ではうまくいかない時がしばしば・・・。成長の仕方は子供それぞれ、2人目といえども育児経験値はあまり役に立ちませんでした。これら対応策を講じていきます!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)