年少の登園拒否中、心の支えになった言葉

急にママと離れて毎日の幼稚園。

泣きます、喚きます、暴れます。

それでも通っている子供が一番がんばっているんですが、

毎朝それを抱えて連れていく母親もしんどいです。

心が折れそうになります。

そんな時、ママ友さんや保健士さんからたくさんの励ましの言葉をいただき、

疲れた時は思い出して心の支えにしていました。

スポンサーリンク

■ポジティブ系

今は登園拒否してても将来こんな良いことがあるよ、と言われるとこのままで大丈夫なんだなと安心できました。逆に登園拒否する子の方が優れてるみたいな感じもして、ちょっといい気分になります。

 

最初にすごく嫌がる子は、その後

ちょっとしたことでは登園拒否しないって。

実際に誰が具体的にどうだったかって話ではないので、都市伝説的な感じはしますが、いろんな人から同じようなことを言われました。慰めだろうなと思いつつも、未来に期待できる良い言葉です。最初の嫌さに比べれば、友達に嫌なことされたとか、運動会の練習が厳しいとかは取るに足らないことなのかもしれません。

 

年長まで毎日泣いて通ってた子が、

今では中学の生徒会長やってるんだって。

これは実際にあった話だそうです。毎日泣いてるからこの子はダメな子なんだっていう決めつけをせず、ありのままを受け止めると将来必ず大きく伸びます。「ダメな子」って親が思えばダメな子になる、子供の可能性を潰してはいけないですね。

 

登園拒否を乗り越えると、

自分に自信が持てる子になるよ。

幼稚園に慣れるのは、どれだけ周りがサポートしても最終的には本人次第。小さい頃にそういう困難を自分で乗り越えることで人よりも早く自分に自信が持てて、その後もいろいろな場面でチャレンジする勇気につながるので良いそうです。

 

こんなに大きな声で自己主張ができるのはすごいこと。

「帰りたいー!」「ママと一緒がいいー!」「幼稚園やめるー!」と大声で叫びまくってた息子…。親としては恥ずかしかったんですが、大きな声で嫌な気持ちを出せるのは実はとっても大事なことらしいです。言えずに心に閉じ込めて体調を悪くしてしまう子もいるみたいで。これを聞いてからは息子に「静かにしなさい」とは言わなくなりました。

■悲惨なエピソード系

自分の子供より激しい登園拒否エピソードを聞くと、まだまだ上がいるんだなと安心します。

年中まで毎日泣いてたけど、

年長になったら急にニコニコで通ったよ。

具体的に登園拒否の期間が分かると、比較しやすくていいです。うちはまだ年少だから、あと2年近く泣いてた子がいると思うと励みになるし、まだまだ長くかかるんだっていう心構えにもなりました。

 

制服をどうしても着なくて、

半年位、毎日私服で通ってたよ。

嫌がって泣くだけならともかく、私服で通うのは目立つし荷物も多くて大変ですよね。実はうちの子も制服着ないんです(笑) 他にも同じ子がいるっていうのが分かってかなり安心しました。

 

教室から脱走するのは当たり前、

幼稚園からも脱走して畑でつかまってたよ。

幼稚園からも脱走しちゃうと、追いかける先生が大変ですね。ここまで大変なエピソードを聞くと、失礼な話ですがうちの子じゃなくてよかったって安心しちゃいました。

スポンサーリンク

■先生の言葉

泣いてるのは最初だけですよ。

朝はイヤイヤでも、ママと離れて園についてしまえば結構馴染む子は多いそうで、うちの子もしばらくしたらそんな感じになりました。先生から園での様子を聞けると、泣いてるのを無理やり連れて行っても大丈夫なんだと思えるようになりました。

 

泣いてるのを気にかけてくれるお友達ができましたよ。

園についてもしばらくは気持ちの切り替えが難しい息子。優しい子が、着替えを手伝ってくれたり、教室まで手を引いてくれたりしてるみたいです。先生が言うよりもお友達の言うことの方が素直に聞けるみたい。母親が知らないところで子供の社会は広がってるみたいです。

 

連れてきたママも偉い!

どうしてもバス停にすら連れていけなくて、やむを得ず遅刻して連れて行った日、息子はギャン泣きで私も涙目だったんだと思います。園長先生からかけていただいた言葉です。ママってほんとに頑張ってても褒められないので、こういう言葉は突き刺さります。

まとめ

言葉が出るのも、トイレできるようになるのも、いつかは絶対にできるようになるのに、成長過程まっただなかにいると「なんでうちの子はまだできないんだろう」ってモヤモヤしてました。でも今、うるさいくらいにお喋りしてくれるようになり、トイレも自分で行けるようになると、あの頃悩んでいた自分が懐かしく感じます。

登園拒否も成長の一環。なんだかんだで最後は

「いつかは必ず終わりがくるから!」

この言葉に尽きると思います。3年間ずっと嫌がる子はいないです。我が家はまだまだ登園拒否真っ最中ですが、母親の自分がブレてはダメだと思うので、これらの言葉を支えに明日からも笑顔で送り出したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)