里帰りしない出産~1人目~

出産は妻の実家に帰ってするのが当たり前…みたいな風潮、まだまだ(親世代は特に)根強いですよね。でも今の時代、家電も宅配も交通も産後のサービスも充実してるし、実家に帰らなくったって出産できます。私の場合は里帰りできる環境なのに自分勝手な事情でしませんでした。似たような境遇の方がいらっしゃれば参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

1.里帰りしなかった理由

それはずばり、「母親が苦手」……だから。

詳しく書くとそれだけでひとつのブログを立ち上げれそうな勢いなので割愛しますが、妊娠がわかっても私には「里帰りして産む」という発想が微塵もありませんでした。実家を離れて十数年。帰省するのも年2~3回だし、ましてや泊まりで帰ることなんてありませんでした(実家は車で2時間ちょいです。日帰りで行ける距離)。そんなところに産前産後お世話になってもリラックスできるわけがないし、嫌いな人(=母)と四六時中いなきゃいけないなんて悪夢そのもの。助産師さんや子持ちの友人、会社の先輩にも相談した結果、「けーさんがリラックスして過ごせるのが一番の方法だよ」という神のような言葉をかけていただき、里帰りしないことを決心しました。

2.周囲の反応

両親に妊娠の報告をしたのは電話でしたが、「おめでとう」より先に言われたのが「こっちで産むんでしょ?」の言葉でした。ま、予想通りの反応でしたけど。里帰りしません、旦那さんと二人で頑張りますと伝えた所、大激怒。一方的に電話を切られてしまいました。

私たちの両親の世代はやはり「里帰り出産が当然」という考えが多いようです。旦那さんのご両親にも伝えたところ、やはりびっくりされたものの、産後無理をしないようにと私の身体の心配をしていただきました(涙)。「産後あなた一人じゃ無理でしょ」「祖母としての立場がない」みたいな糞発言をしていた私の親とは大違いです。

親しい友人や先輩は理解があるものの(表面上かもしれませんが)、他の人からは「帰った方がいいのに」という意見をたくさんいただきました。事情を深く知らない人の言葉は心に鉄のバリケードを張ってスルー。でも「里帰りするのも親孝行だよ」という言葉だけは今でも時々思い出して胸が痛いです。

3.親の説得方法

里帰りしないことを穏便に許してもらうために(許してもらう話でもないんだけど)、いろんな理由を考えて説得を試みました。それに対する親の反論も書いておきますので参考までに。

・今通ってる産院で産みたい、先生が良い人。→こっちにも良い産院はいくらでもあるよ。あんたが通ってるの個人病院でしょ、それこそ大丈夫なの?

・今住んでいる所の方が、病院・スーパー等すべて徒歩5分内にあって便利。→帰ってくれば全部やってあげるんだから近いとか遠いとか関係ないでしょ。

・産後赤ちゃんに会えないのは旦那さんが可哀想。→旦那さんもこっちに住めばいいじゃない。

・産後夫婦で乗り切ったほうが離婚率が下がるってニュースでやってたよ。→産後旦那さんにまで苦労かけさせるなんて妻としてどうなの。

あ、思い出しただけで腹が立ってきた。

そんなわけで私の場合説得はうまくいきませんでした。産まれるまではほぼ音信不通にしてました。

スポンサーリンク

4.産後の為に準備したもの

①陣痛タクシー

病院は歩いて行ける距離だったんですが、陣痛がどんなものか想像がつかなかったので、とりあえず登録しておきました。ネットで自分の住所、入院する病院の住所、出産予定日…くらいの簡単な内容を入力するだけで登録完了。電話番号で内容が登録されるので、陣痛が辛くて行き先を言えなくても、破水してシートを汚してしまうかもという心配もしなくてよさそうです(救急セットや毛布も完備)。

実際私は使用することはなかったんですが、登録の解除や違約金とかもありませんでした。登録しておいて損はないです。(各地域のタクシー会社で違うので調べてみてください)

②産後の食事

「産後1ヶ月はできるだけ赤ちゃんと同じように生活すること」と育児本にもネットにも嫌というほど書いてあります。特にお風呂掃除や洗い物は絶対するな的なことも書いてあったり(身体が冷えるから?)、立ちっぱなしだと子宮が下がってくるとか(筋肉が伸びきってるから?)、産後無理をすると更年期障害が酷くなる、頭痛持ちになる…etc もうどこまでが本当なんだか分からない情報もたくさん。とりあえず1週間外に出なくても食べていける分の食事をストックしておきました。調べると冷凍保存できるおかずって結構豊富にあるのが分かりました。

◆冷凍ごはん(20個)

◆冷凍食パン(1斤)

◆かぼちゃの煮物(3食分)

◆ひじきの煮物(3食分)

◆チンジャオロース(3食分)

◆茹でたブロッコリー・ほうれん草(たくさん)

◆インスタント味噌汁、各種レトルト食品(カレー・中華丼・パスタソース)

③もしもの時の根回し

一人で産むって覚悟決めてても、何が起きるかわからないのが出産。緊急帝王切開になるかもしれないし、産後出血多量とか予測不能の事態が起きて絶対安静になるかもしれないし。なので旦那さんのご両親と、喧嘩しっぱなしになってた実家にも「もしも何かあったら帰るからよろしく」的なことは伝えておきました。

5.実際どうだったか

順調に何事もなく正産期まで過ごすことができ、子供の頭が大きかったため予定日よりも前に陣痛促進剤を飲んで出産することになりました。いつ陣痛がくるかビクビクしてたので、病院で陣痛を迎えられて安心でした。旦那さんにも立ち会ってもらうことができました。陣痛始まってから10時間で出産という安産でした。

私の場合体の回復がすごく早くて、体は軽いし、便秘も治ったし、傷は少し痛いけど臨月の時よりも元気いっぱい。一応1ヶ月位は家事は最低限にして、ほぼ洗濯とクイックルワイパーしかしてません。寝不足だけが辛かったけど、週末は旦那さんが夜中のミルクを代わりに作ってくれたりしてなんとか乗り切れました。

6.おすすめします、里帰りしない出産

家庭の状況とか旦那さんの仕事量とか家事力とか、産後の体調とか、人それぞれなのでなんとも言えませんが、私は里帰りせずに産んでよかったと心から思います。連携プレーでビショビショになりながら入れた沐浴、粉ミルク何杯いれたかわからなくなった午前2時、夜中の大量ウンチでシーツ全滅したのに起きなかった旦那さん…etc バタバタ、アタフタしっぱなしだったけど、その経験があるから今につながっていると思います。もちろん安心して帰れる実家があるならそれが一番ですが、嫌々里帰りするくらいなら、夫婦で乗り切る道も全然アリですよ!

スポンサーリンク


「里帰りしない出産~1人目~」への2件のフィードバック

  1. 今まさに悩んでて、と言うか答えは出てるんですが(里帰りしないって)、けーさんのブログ見て納得し過ぎてパワーもらいました。嬉しくてコメント送らせて頂きます。

    今妊娠3ヶ月で実家は飛行機と高速で最短でも4時間くらい。私も母親とあまり性格上合わなくて実家にも年に1.2回しか帰りません。何事も他人と比べるところが本当に昔から嫌で結婚三年目には子供がなぜできないか作らないのかわざわざ父親と確認しに来て泣かれ散々でした。結婚六年目で妊活してもいいかなと思い数ヶ月で妊娠。母親に連絡したところすごい喜ばれたことにはまぁ嬉しかったです。しかし、出産予定日をお盆と伝えたら……お盆ですか。みたいな反応。そして里帰りしないと伝えると、普通みんなするのになんで?と…。母親も自分で元気な体だったら1ヶ月とか私の住んでる所に行ってもいいけどーこの体じゃと言われ、いやいやそんな絶対に行かなきゃだめとか決まりはないじゃんと言いました。人それぞれで帰る人もいればいない人だっていると伝えましたがおそらく耳に入ってないでしょう。この電話のやりとりでもストレス半端ないのに数ヶ月で実家に帰るとか考えられません。

    1. コメントありがとうございます!
      似たような状況の方に参考にしていただけて嬉しいです。私は産後3年経ちますが、里帰りしなかった話を蒸し返されることは一切ないので、産むまでの辛抱だと思いますよ。産後は孫の可愛さに、そんなことはどうでもよくなるみたいです。(かわりに孫に対する過干渉が始まるかもですが^^;)今はホルモンバランスの変化もあって、いつもよりイライラしがちだと思いますが、できるだけ親のことは気にせずに穏やかな日々を過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)